読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽ノート

主に音楽についてのブログです。

広島交響楽団 第235回定期演奏会

広響

コンサートマスターの文乃さんが今日はソリストでした。青いドレスがとてもすてきでした。

メンデルスゾーンの2曲はどちらも美しいメロディーに心をひかれます。ヴァイオリン協奏曲のソロや「スコットランド」の木管のメロディーがとても美しく印象的でした。

阪さんの指揮も体を大きく動かしたダイナミックな指揮で楽しめました。今日はオーケストラの配置がかわっていて、ヴァイオリンが左右に分かれ、ヴィオラが右、チェロとコントラバスが左にきていました。

曲目

ウェーバー 歌劇「魔弾の射手」序曲

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲ホ短調

メンデルスゾーン 交響曲第3番イ短調スコットランド

指揮:阪 哲郎

ヴァイオリン:伊藤 文乃

2004年1月16日(金) 18:45開演

広島厚生年金会館