読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽ノート

主に音楽についてのブログです。

広島交響楽団第239回定期演奏会

広響

ベートーヴェン交響曲第2番は、初期の作品と思われていてあまり演奏されないのですが、改めて聞いてみると、ベートーヴェンらしくていい曲です。とくに第1楽章などは堂々としていて立派だし、第2楽章のメロディーの美しさはすてきでした。

ブルックナー交響曲第3番も、初期の作品と思われていてあまり演奏されないのですが、ブルックナーの場合は後に改訂する場合が多く、この第3番も10年も後(第8番の作曲のころ)に改訂しているので単純に初期の作品とは言い切れません。1時間近くかかる大作ですが、とても力強い演奏で、ブルックナーの独特のメロディーにぐんぐん引き込まれて、あっという間に終わってしまった感じでした。木管のメロディーの美しさが印象的でした。

曲目

ベートーヴェン交響曲第2番

ブルックナー交響曲第3番

指揮:ヘンリク・シェーファー

2004年5月14日(金)18:45開演

広島厚生年金会館