読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽ノート

主に音楽についてのブログです。

西本智実「革命」ツアー2004withアナスタシア

広響

西本智実さんの指揮はとてもかっこいい。ステージに颯爽と現れ、広響をダイナミックにドライブする。

とくに、革命がすばらしい。曲そのものがとても盛り上がることもあって、西本さんのダイナミックでパワフルな指揮にマッチする。

第1楽章からとても盛り上がる。重厚な弦の響きに轟く管と打楽器。第2楽章冒頭の低弦の迫力のすさまじいこと。文乃さんのヴァイオリンソロも、弦のピチカートもなかなかのもの。第3楽章の木管のソロも味があってよい。そして第4楽章はすさまじいほどの迫力でダイナミックに盛り上がる。エンディングの大音響にはもうびっくり。

アナスタシアのチャイコフスキーも、独特の美しいメロディーで、オーケストラもしっかり歌った演奏。

2004年6月16日(水)19:00開演

広島厚生年金会館

指揮:西本智実

ヴァイオリン:アナスタシア・チェボタリョーワ

演奏:広島交響楽団

曲目

ヴェルディ/歌劇「運命の力」序曲

チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲

ショスタコーヴィチ交響曲第5番「革命」