音楽ノート

主に音楽についてのブログです。

広島交響楽団第242回定期演奏会

ロシア音楽のコンサート。だったん人の踊りはフルートの美しいメロディーの女性たちの踊りと、力強く盛り上がる男たちの踊りが織り混ざる。とても楽しい曲でした。

パガニーニの主題による狂詩曲は有名なパガニーニカプリースの主題による変奏曲。ピサレフのピアノも華麗で技巧的。オーケストラも濃厚なメロディーを奏でる。ラフマニノフ交響曲第3番は有名な第2番の陰に隠れがちだが、甘美なメロディーと、華麗なオーケストレーションで大変盛り上がる曲。

曲目

ボロディン 歌劇「イーゴリ公」より ”だったん人の踊り”

ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲

ラフマニノフ 交響曲第3番イ短調

指揮 デリック・イノウエ

ピアノ アンドレイ・ピサレフ

2004年9月22日(水) 18:45開演

広島厚生年金会館