読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽ノート

主に音楽についてのブログです。

ウィーン交響楽団

オーケストラ

中村紘子の「皇帝」は、皇帝の名に恥じない豪快な演奏。とくに、第1楽章は堂々としていて立派。第2楽章は逆に静かな音楽ですが、こちらも見事。

後半のブラームスは、大編成のオケを鳴らしきった演奏。指揮者のクライツベルクも体を大きく動かしての堂々とした指揮ぶり。格調高い第1楽章は堂々として感動的。中間の第2,3楽章も優雅で美しいメロディーが歌われる。そして、第4楽章のクライマックスに向かって盛り上がっていく。

曲目

ベートーヴェン/「コリオラン」序曲

ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番「皇帝」

ブラームス交響曲第1番

ピアノ:中村紘子

指揮:ヤコフ・クライツベルク

演奏:ウィーン交響楽団

2004年11月8日(月) 19:00開演

広島郵便貯金ホール