音楽ノート

主に音楽についてのブログです。

広響定期演奏会&さなえさん

まず、広響の定期演奏会は、ベルリオーズのイタリアのハロルドと幻想交響曲。イタリアのハロルドは、パスキエさんのヴィオラが、とても風格があるというか、おおらかな感じがしました。第3楽章までは比較的ゆったりした感じでしたが、第4楽章はにぎやか。ヴィオラソロもなくなって、パスキエさんも長い間ただ立ちっぱなしになってしまいます。

後半の幻想交響曲は、ベルリオーズを代表する名曲です。金管群はチューバ2本、ホルン4本を始め、打楽器も強力。第3楽章のオーボエソロはいいですね。

曲目

ベルリオーズ交響曲「イタリアのハロルド』

ベルリオーズ幻想交響曲

ヴィオラ:ブルノ・パスキエ

指揮:秋山和慶

2006年10月29日 15:00開演

広島厚生年金会館

「さなえさんとセレナードの仲間たち」のコンサートは、音楽喫茶「小夜曲(セレナード)」のオーナー「さなえさん」がヴァイオリンソロをひいてくれました。ヴィヴァルディーの調和の霊感です。大勢の前で一生懸命ヴァイオリンを弾くのは、さすがですね。

上野さんのソロでヴィヴァルディーの秋は、吉野さんのオルガンが入っているのが、少し雰囲気が変わっていいなと思いました。弦楽合奏の「アンサンブル・ドゥマン」のみなさんも、とてもすてきです。

曲目

ヴィヴァルディ/四季から「秋」

ヴィヴァルディ/調和の霊感第9番

モーツァルトアイネクライネナハトムジーク第1楽章

バッハ/アリア

エルガー/愛の挨拶 ほか

ヴァイオリン:山本早苗、上野眞樹

ピアノ・オルガン:吉野妙

アンサンブル・ドゥマン

2006年10月29日 18:30開演

聖ラファエル教会