読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽ノート

主に音楽についてのブログです。

大阪フィルハーモニー交響楽団

福山リーデンローズでの大阪フィルのコンサート。指揮は広島出身の大植英次さんです。前半はブラームスの二重協奏曲。ソリストは呉出身の長原幸太さんと、広島出身の秋津智承さんです。第1楽章が終わったとき、遅れてきた人がぞろぞろ入ってきたので、第2楽章までの待ち時間が長めになってしまいました。ブラームスの重厚な音楽をたっぷりと味わえました。後半はチャイコフスキー交響曲第5番木管のソロがとてもすてきです。アンコールはチャイコフスキーの「エフゲニー・オネーギン」のポロネーズ。とても盛り上がりました。

曲目

ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲

チャイコフスキー交響曲第5番

指揮:大植英次

ヴァイオリン:長原幸太

チェロ:秋津智承

演奏:大阪フィルハーモニー交響楽団

福山リーデンローズ

2006年12月11日