読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽ノート

主に音楽についてのブログです。

フィンランド放送交響楽団

オーケストラ

フィンランドのオーケストラのコンサート。前半はシベリウスの「タピオラ」とヴァイオリン協奏曲。ヴァイオリン協奏曲は、ヴァイオリンソロの伴奏になっているオーケストラの弱音がぞくぞくする感じ。そういえば、指揮者のサカリ・オラモ諏訪内晶子のソロでCDを出していましたね。ヴァイオリンのポゴストキーナはアンコールでバッハの無伴奏ソナタのアンダンテが、すてきでした。

後半はベートーヴェンの「運命」。フィンランドのオケがドイツもの、と思っていたら、これが結構すごい演奏でした。

アンコールは、グリーグの「ペール・ギュント」の「朝」。フルートのソロがうまいですね。

曲目

シベリウス/タピオラ

シベリウス/ヴァイオリン協奏曲

ベートーヴェン交響曲第5番「運命」

指揮:サカリ・オラモ

ヴァイオリン:アリーナ・ポゴストキーナ

フィンランド放送交響楽団

広島国際会議場 フェニックスホール

2007年2月9日 開演19:00