読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽ノート

主に音楽についてのブログです。

幻想庭園

ポップス

今日は、岡山後楽園の幻想庭園、MUSIC FOR EVERYONE〜みんなの音楽〜に行ってきました。

後楽園も、岡山城もライトアップされて、とてもきれいななかでのステージでした。

最初のグループnifuは、岡山で活動中の3人グループ。バラード風な感じもあって、とてもここちよいです。テレビショッピングをテーマにした曲もあって、おもしろかったです。岡山県内なら、どこでも出張して歌ってくれるそうです。ライヴの後は、サイン会があって、握手もしてくれました。

そして2人目は、竹仲絵里さん。お父さんの里が牛窓なんだそうで、小さい頃の思い出も語ってくれました。ありがとう、話そうよの2曲はとても優しい感じの曲。洋楽のカバー曲もすてき。コブクロの小渕さんと作ったサヨナラ・サヨナラは、別れの曲だけど、どこか前向きさが感じられる曲。ライヴで聴くと、想いがぐんぐん伝わってきますね。最後は新曲の黄色い花。これは、お友達の結婚を祝った曲ですが、結婚に限らず新たな出発をする人たちに聴いて欲しい曲。やさしさにあふれています。

最後のアーティストは、タケカワユキヒデゴダイゴのボーカルです。ゴダイゴの名曲、ガンダーラ、モンキーマジックにつづいて、広島の8/6コンサートで歌いたくなった坂本九さんの曲「見上げてごらん夜の星を」。お空も暗くなって、星がよく見えますね。さらに、タケカワさんはビートルズが好きで、ビートルズの曲を歌ったCDも出したそうです。高校時代のエピソードも語ってくれました。特別ゲストに、タケカワユキヒデさんの四女のアイタケカワさんが登場。彼女はシンガーソングライターで、ギターを片手に、2曲歌ってくれました。次は、ビューティフルネーム。曲の一部をみんなで歌いました。左右2チームに分かれて、どちらが大きな声か競争です。最後は、アイさんと二人で銀河鉄道999。

出演

nifu

竹仲絵里

タケカワユキヒデ

岡山後楽園内特設ステージ

2007年8月15日