読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽ノート

主に音楽についてのブログです。

ハノーファーターク

ハノーバーの日(ハノーファーターク)のコンサートに行ってきました。

メインゲストは、ドイツのソプラノのカルメン・フッギスさん。シューベルトの野ばらや、モーツァルトの春へのあこがれなどのドイツ音楽もすてきでしたが、山田耕筰の中国地方の子守歌を日本語で歌ったのはみごとでした。

次の上野さんのヴァイオリンは、ヴィヴァルディの夏と、バッハのソナタ。ヴィヴァルディでは、曲の解説を丁寧にしながらの演奏。バッハも、楽しいエピソードを交えての演奏でした。

オーボエの上田さんも、お話がとてもおもしろいです。

フルートの山本さん。月の光やメヌエット、とてもきれいな演奏です。

ヴィオラの沖田さんは、自作の伝えよう笑顔と心を、みんなで手話でうたいました。

最後は、みんなで野ばらを歌っておしまいです。

出演

ヴァイオリン:上野眞樹

ピアノ:吉野妙

オーボエ:上田愛彦

ピアノ:荒谷心里

フルート:山本綾

ヴィオラ:沖田孝司

広島市留学生会館

2008年5月25日