音楽ノート

主に音楽についてのブログです。

Hiroshima Happy X New Ear 悠久の時を超えて

今日は、現代音楽のコンサートへ行ってきました。

作曲家の細川俊夫さんの解説で、笙の宮田まゆみさん、リコーダーの鈴木俊哉さんの演奏でした。

笙とリコーダーとは変わった組み合わせですが、不思議とマッチします。

とくに、リコーダーは息を吸ったり激しく息を吹いたり、超人的な演奏法でした。

今まで、楽器はこんな風に演奏するものだという常識を打ち破る、斬新的な曲でした。

作曲は細川さんのほかに川上統さんと、徳永崇さんという2人の若手作曲家の曲もありました。

日本と西洋の楽器、そして、過去の伝統と現代の斬新さをミックスさせた新しい世界を感じました。

演奏終了後、作曲家と演奏者のトークコーナーがありました。お客さんからの感想や質問もあって、

とても盛り上がりました。

音楽監督・お話:細川俊夫

リコーダー:鈴木俊哉

笙:宮田まゆみ

アステールプラザ オーケストラ等練習場

2011年10月20日 開演19:00