音楽ノート

主に音楽についてのブログです。

Hiroshima Happy New Ear XVI

今日は、Happy New Ear シリーズの演奏会に行ってきました。

演奏は、ピアノの児玉桃さんです。児玉さんは、ヨーロッパ在住で、特にドビュッシーメシアンなどのフランス音楽が得意です。今日の曲目は、バロックのバッハから現代の細川さんまで盛りだくさんです。

ドビュッシーの練習曲はとても難しい曲で、児玉さんも今年のルツェルン音楽祭では全曲演奏したそうですが、今日は3曲です。メシアンは児玉さんも得意な曲で現代的な音色です。

後半の細川さんの曲は、普通のクラシック音楽とは違って、東洋的なひびきや、ピアノの残響を生かした音作りが特徴です。メロディーを聞くというよりは、斬新な音を聞くといった感じです。

アンコールは、細川さんのエチュードの5曲目をもう一回と、ドビュッシー亜麻色の髪の乙女でした。

曲目

武満徹:雨の樹

バッハ:イタリア協奏曲

ドビュッシー:ピアノのための12の練習曲より 9,11,12

メシアン:幼子イエスに注ぐ20の眼差しより「喜びの聖霊の眼差し」

細川俊夫エチュード

アンコール

細川俊夫エチュードより V.怒り

ドビュッシー亜麻色の髪の乙女

ピアノ:児玉桃

解説:細川俊夫

アステールプラザオーケストラ等練習場

2013年12月8日 15:00開演